banner

妊娠とは

banner妊娠したいならば、妊娠する前から気を付けておかなければならないことがあります。 まず、妊娠初期は薬を飲むことができないので、妊娠に気づかないうちに服用してしまうことがないように気を付けなければなりません。 妊娠はきづいたときにはすでに2か月に入っています。また、薬の服用と同様に、飲酒やたばこも妊娠をしようと思っているときには控える必要があります。とくに妊娠の初期には細心の注意が必要であるため、激しい運動にも気を付ける必要があります。そして、妊娠に冷えは大敵です。夏場ならば、なるべくエアコンの効きすぎた部屋にいないように心がけ、オフィスなどで調整ができない場合にはカーディガンをはおるなどして冷えないようにします。 また冬ならば手首や足首などを冷やさないように気を付けて、腹巻などをしておなかをとくに温めるように留意します。 あとは、栄養のバランスがしっかりととれた食事に気を付けることです。過食や小食も注意が必要です。

最新の妊活情報はこちら

はじめての美容整形なら聖心美容クリニック

妊娠ができない多くの理由

banner妊娠したいと思うのならば規則正しい生活、バランスの摂れた食生活、ストレスをためない生活を心がける事が必要不可欠であると思います。 現代社会において上記を全て満たすというのは難しい事ではありますが、自分の事は自分が一番わかっていて、またコントロールする事が出来るのも自分である事を認識していただきたいです。 先ず、日々の生活において起床時間、就業時間、就寝時間この3つの時間が+-1時間以内であれ良いと思います。「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれる午後10時~午前2時には毎日就寝出来るといいですね。この「お肌のゴールデンタイム」は女性ホルモン(エストロゲン・黄体ホルモン)の分泌をよくしてくれる重要な時間です。妊娠はこの女性ホルモンが機能しなければ成し得る事ができませんのでこの時間には就寝するようにしましょう。また、食生活についてですが、納豆・豆腐・豆乳などに含まれる「大豆イソブラボン」の積極的な摂取も大切です。こちらも女性ホルモンの分泌を良くしてくれます。最後にストレスをためない生活ですが、ストレスは肌にも女性ホルモンにも悪影響です。好きな事をして楽しい日々を過ごす事に努めてください。

Copyright(c) 2011 こうのとりラボ. All Rights Reserved.